FC2ブログ

K9スタッフ日記

同人誌印刷所 K9(K-NINE) のブログです

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒムラー七転八倒

こんにちは、K9受付担当そしてヒムラーのモツです。
「ヒムラー」とは何ぞや?と思われたあなた!
先日スタートした日曜ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は
ご覧になられましたでしょうか?

こちらは大阪が誇るミステリ作家、有栖川有栖先生(男性です!)の作品
(クレジットでは《火村英生シリーズ》となっていますが、
原作ファンには《作家アリスシリーズ》の方がなじみ深いかもしれませんね)
を原作としたドラマで、その探偵役「火村英生」ファンのことをヒムラーと呼ぶのです。
ちなみにワトソン役、「有栖川有栖」(こちらも男性!)のファンの呼称はアリシスト。
「フィールドワーク」として犯罪現場に臨む犯罪社会学准教授の火村先生と、
その友人として助手を務めるミステリ作家、アリスのいわゆる「バディもの」です。
ドラマでは火村先生役を斎藤工さんが、アリス役を窪田正孝さんが演じられています。

私はかれこれ15年程有栖川先生の大ファンで、今回のドラマ化にあたって
期待半分、不安半分と言ったところだったのですが…
いざ始まってみると、火村先生はこんなことしない…けどアリかも?とか、
アリスはこんなこと言わない…けどかわいい!と、熱烈ファンならではの
煩悶もありつつも、結構楽しむことが出来ました。

ドラマをご覧になって「この二人の関係性、良い!」と思われた方は是非、
原作もお読みになってみて下さいね。素敵なニコイチぶりが見られますよ!
Effectplus_20160120_012532.jpg
ちなみにドラマの一話は、
冒頭が『暗い宿』収録の「201号室の災厄」、
本編が『絶叫城殺人事件』より、表題作がベースになっています。
どちらも短編集なのでサクッと読めてしまいますよ♪
そして印象的なシーンとしてちらりと出てくるのが長編『朱色の研究』。
(画像は旧装版で、今は夕陽の写真にデザインが変わっています)

台詞で題名だけ登場する「桜川のオフィーリア」は《学生アリスシリーズ》の短編です。
有栖川先生の作品はそれぞれ、「作家アリスが《学生アリスシリーズ》を」、
「学生アリスが《作家アリスシリーズ》を」執筆しているという入れ子構造になっています。
《学生アリスシリーズ》もとっても面白いので、機会がありましたらこちらも是非。


そして今年も、昨年に引き続きスタジオYOU主催ミステリ(推理小説)オンリー
【奇想館 第二篇】が9/11(日)に開催されますよ!
ミステリ小説系二次創作オンリーイベント【奇想館 第二篇】
ミステリ界隈はこれからもっともっと盛り上がるかも?とワクワクしています。

そんなミステリジャンルも対象になるフェアを現在計画中!
決定し次第Twitterでも告知致しますので、どうぞ楽しみにお待ち下さいね。

| 日記 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。